北イタリア滞在記

 

 2018年、新元号まで1年を切った平成最後の夏休みは、ローマ、ヴェネツィア、フィレンツェに続いて4度目のイタリアに行ってきました。普段は一都市滞在じっくり観光が好きな自分なのだが、そんなことばかりしていたら行きたい都市をなかなか網羅できないので、今回はジェノヴァ、トリノ、ミラノ泊、更にジェノヴァ滞在中に念願のチンクエテッレに足を運ぶという、個人手配の海外旅行としては初の多都市滞在型の旅程。それならツアーの方が断然楽なのだが、自分達が行きたいところを都合よく組んでくれているツアーなんて、そうそうないのです。

 

 とはいえ、都市間の移動のための電車を自分で予約しなきゃいけないとか、そもそもイタリアの電車って治安大丈夫なのとか、結構キツキツなスケジュールになってないかなとか、それなりに懸念事項はあったので無事に終われるのか心配してたけど、終わってみたら色々な意味で何物にも代え難い旅行になりました。やっぱりイタリアはいいなぁ。次はアルベルベッロかなぁ。サンマリノかなぁ。シチリアかなぁ。