2015.03.31 (火)

 

 

 というわけで今年度終了。大学戻ってからもう1年経ったのかと思うと、時が過ぎるのが年々早くなっている気がしてしょうがない。このままだと40代なんてあっという間に来そうや気配が。

 

 今年は仕事について色々と考えるところがあった年だったけど、それも、自分がそれなりの年齢になり、それなりのキャリアを積んできたからなわけで、これからどうしていくか考えないといけない時期なんだろうな・・・

 

 

 

 

 

 

2015.03.30 (月)

 

 

 夕方に仕事から帰宅した後、完全に油断していた夜の9時過ぎにオンコールの呼び出しが。昨日といい今日といいPCPSづいてるのは、2ヶ月後に待っているPCPSのシンポジウムへの布石でしょうか。明日締切の抄録を早く書けという啓示でしょうか。

 

 

 

 

 

 

2015.03.29 (日)

 

 

 久々に呼ばれたオンコール。たまたま病院に来ていた先生が差し入れで持ってきてくれた、うさぎやのどら焼きが美味。

 

 昼過ぎには解放されたので(正確に言うと「解放してもらった」)、午後は新宿で色々と入用のものをチェック。加湿器って、春になると急激に店頭展示が少なくなるのねぇ。花粉のせいか、空気清浄器に取って代わられてるのねぇ。困ったわ・・・

 

 

 

 

 

 

2015.03.28 (土)

 

 

 『ジュピター』 を観た。母親と一緒に家政婦として地味な日々を過ごしていたジュピター(ミラ・クニス)は、ある日何者かの手によって殺されかけたことをきっかけに、自分が宇宙最大の王朝の王族であることを知る。彼女を助けた戦士ケイン(チャニング・テイタム)と共に、王朝の3兄弟の権力争いに巻き込まれていくジュピターだが、彼らの目的は人類の収穫、すなわち滅亡だった・・・というSF大作。監督は 『マトリックス』 のウォシャウスキー姉弟。今年のアカデミー賞で主演男優賞を受賞したエディ・レッドメインが悪役を演じるのが話題。

 

 

 SF映画の既成概念を崩すような世界観で観る者を驚かせた 『マトリックス』 や、CGと実写の俳優の絶妙な合成によりアニメーションならではの興奮を体感させてくれた 『スピード・レーサー』 のウォシャウスキー姉弟の監督作とは思えないくらい、既視感漂いまくりのSFビジュアルに子供向けな展開。シーンごとの展開はコテコテで大雑把だし、肝心のアクションシーンは盛り上がりに欠けるし、ミラ・クニス演じるヒロインは終盤近くになるまで行動がバカ過ぎて見てられないしと、全編通して残念ポイントが散りばめられてるのだ。プロット自体は悪くないのに、なんでこうなっちゃったの? という感じである。

 

 近年、アクションスターとしての地位を確固たるものにしつつあるチャニング・テイタムだが、本作ではテイタムらしい見せ場が大してないのが残念。空を飛べるという設定のせいもあり、スピーディーな動きを遠景のショットで追うことが多く、結果として 「生身の体を張ってる」 感がないんである。ミラ・クニスも、そのコメディセンスやコケティッシュな魅力が活かされているとは言い難く、完全にキャスティングミスの主役2人である。唯一見どころがあったのは、怪しげな魅力とキモさ全開で悪役を演じるレッドメインくらいだが、『博士と彼女のセオリー』 とは完全に別人モードな全力投球演技をもってしても映画そのものを救うことはできなかった。将来的には 「オスカー俳優が過去にはこんな役も!」 という扱いを受けることになるんだろうな。

 

 あれだけテイタムに守られ続けてきたクニスが、最後の最後で突然アクションをこなせるようになるのは、もはやアクション映画のヒロインの定番と言えるが、それにしても急に身のこなしが軽くなり過ぎて笑えた。えぇ! そんなとこ登れちゃうの? そんなジャンプできちゃうの? という驚きのアクションをこなした後は、人が変わったようにレッドメインを叩きのめすわ、蹴りを入れるわ。いやー、まさか最後の最後で爆笑させてもらうとは思わなんだです。

 

 

 

 

 

 

2015.03.26 (木)

 

 

 記事捏造でニューヨーク・タイムズを解雇されたジャーナリスト、マイケル・フィンケルと、逃亡中にフィンケルの名を騙っていた殺人犯、クリスチャン・ロンゴの関係を、フィンケルの手記に基づいて描いた 『TREU STORY』 の予告編。ジョナ・ヒル、ジェームズ・フランコ、そして 『博士と彼女のセオリー』 での好演でアカデミー賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズの共演に期待が高まる。これは面白そう。

 

 

 

 

 

 

 

2015.03.25 (水)

 

 

 今月3回目の総監督。レギュラーでも月に4回なのに、イレギュラーで3回もやるってどういうことなのか。しかも来月からレギュラーになるのに、なぜその直前にレギュラー並の扱いを受けるのか。そして、なぜに来週は2日連続で出番付けをすることになってしまったのか・・・

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 19世紀のアメリカ西部を舞台に、愛する女性を探して旅する少年と、旅の道中で出会った謎のカウボーイとの交流を描く西部劇、『SLOW WEST』 の予告編。主人公の元で成長する少年が登場するのは西部劇の常だが、その少年役をコディ・スミット=マクフィーが演じるのは要注目。謎のカウボーイを演じるのはマイケル・ファスベンダー。

 

 

 

 

 

 

 

2015.03.24 (火)

 

 

 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』 を観た。第二次世界大戦中にドイツ軍が使用していた暗号 "エニグマ" を解読し、戦争終結に多大な貢献を果たしたものの、暗号解読が重要機密事項だったために50年間その功績を世に知られることがなかった天才数学者、アラン・チューリングの物語。チューリングを演じるのはベネディクト・カンバーバッチ。監督は、本作が初の英語映画となるノルウェー出身のモルテン・ティルドゥム。

 

 

 今年のアカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされた本作。確かに、演出、演技、編集、音楽、そして当時を再現した美術と、ノミネートされたどの部門も職人の仕事を堪能できる一本だが、なかでもオスカーを受賞したグラハム・ムーアの脚本が唸るほど見事。いかにしてチューリング達がエニグマの暗号を解読していくかというサスペンス的なクライマックスを盛り上げながら、それと並行して語られる2つの時代のエピソードを挿入することで、不遇の晩年を送ったチューリングの悲哀が終盤で次第に浮き彫りになる構成が素晴らしい。しかもラストは仄かな叶わぬラブストーリーになっており(チューリングの少年時代を演じる子役の渾身の演技は必見!)、そこからチューリングの様々な想いが交錯するエンディングは、予想外に内面的なクライマックスとなって白眉であった。これは近年稀に見る巧みな脚本! 欲を言うならば、暗号解読チームのメンバーがチューリングを受け入れる展開がやや安易だったり、そもそも他のメンバーの役割が分かり使いのが難点だが、そこは本作において本質ではないからヨシとしたい。

 

 ちょっと普通じゃないキャラクターを 「変わり過ぎ」 にならずに演じらることができ、かつ内面演技もできるベネディクト・カンバーバッチなので、人付き合いが苦手なアスペルガー的な要素と繊細さを併せ持つ本作のアラン・チューリング役は彼のためのキャラクターと言っても過言ではないが、それにしても入魂の演技だった。それまであまり感情を激しく表に出すことがなかったチューリングが、ラスト近くで溢れるように泣き出すシーンがあるが、このシーンで彼は本当に涙が止まらなくなり、しばらく精神的に立ち直れなかったと言う。それだけアラン・チューリングという人物を魂から演じていたのだろう。初のオスカーノミネートも納得。

 

 グラハム・ムーアは今年のアカデミー賞授賞式の受賞スピーチで、16歳の頃に自分の居場所がないと感じて自殺未遂をしたことを告白し、自分と同じように居場所がないと感じている若者にエールを送って場内の感動を呼んでいたが(個人的に今年のベストスピーチ)、そのスピーチを聞いた後に本作を観ると、恐らく晩年のチューリングに昔の自分と重なるところを感じた彼だからこそ、この脚本を書けたのではないだろうかと感じる。その重要な功績を生涯知られることなく、当時の英国で違法だった同性愛者という理由で逮捕され、41歳の若さで自殺したチューリング。ラストシーンではチューリングの死後の再評価までを語るエピローグが字幕で挿入されるのだが、そのシーンが静かに美しく、しかし儚く、生きている間には報われることがなかったチューリングの人生を象徴する瞬間を描いているようで、こみ上げるものがあった。

 

 

 

 

 

 

2015.03.23 (月)

 

 

 トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ、『ミッション・インポッシブル』 最新作の予告編が公開。サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、ジェレミー・レナーと、これまでのM:I シリーズのオールスター勢揃いで、スタントなしでトムが演じる無茶なアクションシーンも健在! お馴染みのテーマソングに期待を煽られます。監督は 『アウトロー』 でトムと組んだクリストファー・マッカリー。

 

 

 

 

 

 

 

2015.03.22 (日)

 

 

 『イントゥ・ザ・ウッズ』 を観た。シンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木、ラプンツェルなど、お馴染みの童話の世界が交差し、彼らのハッピーエンドの後を描いたブロードウェイミュージカルの映画化。監督は 『シカゴ』 『NINE』 など、舞台ミュージカルの映画化はお手の物のロブ・マーシャル。魔女役のメリル・ストリープをはじめ、エミリー・ブラント、アナ・ケンドリックら、豪華スターの歌声も聴きどころ。

 

 

 とうとうメリル・ストリープが魔女役! しかもミュージカル映画! その設定だけでも元が取れた気になる自分にとっては十分合格点の出来だったが(メリルが "The Last Midnight" を歌うシーンで大満足)、そうじゃない人が果たして楽しめるかどうかは微妙な出来。古典的な童話の展開に随所でツッコミを入れるシニカルさは今一つパンチに欠けるし(ディズニー映画だから仕方ないけど)、最後の方で取ってつけたかのように歌われるメッセージも強引で、相変わらずストーリーテリングが下手なロブ・マーシャルらしいミュージカルだった。ミュージカルシーンの演出はさすがだが、結局観た後に残るのは、オールスターが聴かせてくれる歌声、そしてオスカー候補も納得の美術と衣裳のみ。

 

 ただ、オールスターキャストのミュージカル映画では歌唱力が今一つな人が紛れ込みがちなのが、本作は一人もハズレなしなのが素晴らしい。ブロードウェイミュージカルでデビューしたアナ・ケンドリックや、歌い方までも自分の演技に染めてしまうメリル・ストリープはもちろんのこと、エミリー・ブラントやクリス・パインなど、キャストの隅から隅まで素晴らしい歌声を聴かせてくれて、ミュージカルとしては文句ナシなのだ。ただ、同じくスティーヴン・ソンドハイムが手がけた 『スウィーニー・トッド』 とミュージカルナンバーがソックリなので、ことあるごとにジョニー・デップのスウィニー・トッドが脳裏をよぎってしまうのが残念。ちなみに本作のデップ、出番少な過ぎてビックリである。まぁ、オオカミのみならず、衝撃のコスプレを見せてくれるあたり、デップらしいと言えなくもないが・・・

 

 

 

 

 

 

2015.03.21 (土)

 

 

 『博士と彼女のセオリー』 を観た。誰もが知っている 「車椅子の物理学者」 ことスティーブン・ホーキング博士と、博士がALSに侵される前に出会い 、彼を支え続けた妻ジェーン。二人の愛の軌跡を描いた物語。ホーキング博士を演じるのは、本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエディ・レッドメイン。監督は 『マン・オン・ワイヤー』 でアカデミー賞ドキュメンタリー映画賞を受賞したジェームズ・マーシュ。

 

 

 本編を観るまでは、体の自由を失っていくホーキング博士をジェーンが献身的に支えていくという、いわゆる 「難病モノ」 の範疇に入る映画だと思っていたのだが、物語の後半になると、それだけに終わらない展開となっていく。病に体を蝕まれていく夫の面倒を見ることに疲弊していくジェーンと、彼女を思うスティーブン。監督のジェームズ・マーシュは二人の関係をドラマティックになり過ぎず、現実的、そして丹念に描いていて、ただの美談に終わらせていないのだ。これが美辞麗句を並べるアメリカ映画だったら、二人の愛が試される前半だけを盛り上げて終わっていた可能性があるが、むやみに二人の愛を盛り上げ過ぎないところや、その後の現実も含めて二人のラブストーリーとして描いてるあたり、イギリス映画らしい節度。

 

 "くしゃっ" とした笑顔が冒頭の純粋なラブストーリーに映えるエディ・レッドメインは、次第に体の自由が利かなくなっていくホーキング博士の身体的特徴を見事に再現しながら、その肉体的な制約の中で博士の内面までも演じるという、なんかもう神業的な演技だ。特に後半、気管切開を受けて自らの声で話すことができなくなったスティーブンが一つの選択をするシーンでは、レッドメイン自身は殆ど動かず、そして全く喋ってないにもかかわらず、博士の魂を体現しているようで、他のどのシーンよりも迫るものがあった。オスカー受賞も大きく納得。ジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズも、博士を愛する芯の強さを湛えた演技を見せてくれて胸を打つ。そしてこの二人のコラボレーションが、絶望的な状況でもユーモアを忘れない博士の物語らしく、深刻なエピソードの中にもどこか明るさが残るような化学反応を生み出しているのが良かった。

 

 光の捉え方が見事なブノワ・ドゥローム(『誰よりも狙われた男』)による映像と、流麗に物語を盛り上げるヨハン・ヨハンソンの音楽が素晴らしい。まるで二人の人生が苦難の中でも喜びと幸せと共にあったことを象徴するかのような美しさとで、本作に不思議な煌めきをもたらしていた。この映像美を堪能するためにも、スクリーンで観ておきたい一本。

 

 

 

 

 

 

2015.03.20 (金)

 

 

 「いやー、昨日は大学で両側鼠径ヘルニアが3時間以上かかったんですよー」 なーんて笑いながら外科の先生と話していたら、今日も両側鼠径ヘルニアが3時間近くかかったという、なんてゆーかその・・・

 

 

 

 

 

 

2015.03.19 (木)

 

 

 スピルバーグの新作、『BRIDGE OF SPIES』 からジョン・ウィリアムズが健康上の理由で撤退という、超ショッキングなニュースが。スピルバーグが単独で監督した長編映画でジョン・ウィリアムズが音楽を手掛けないのは、『カラーパープル』 以来30年ぶりにして、実にたったの2作目。ジョン・ウィリアムズも御年83歳なので、こういう日が来ても不思議ではないのだが、何だか悲しい。

 

 ちなみに、ウィリアムズの代わりに本作の音楽を手掛けるのは、『アメリカン・ビューティー』 のトーマス・ニューマン。なんか結構テイストが違うんですが・・・

 

 

 

 

 

 

2015.03.18 (水)

 

 

 3月で大学を去る専門研修医の先生を誘ってプチ送別会。彼とは2年前の今頃に初めて一緒に心外麻酔をかけ、その時は自分が大学を去る数週間前だったので、その前にと思って出来る限りの心外麻酔の基本を教え込んだのだが、そんな彼ももうしっかり成長して4月から独り立ち。時が経つのが早い。

 

 

 

 

 

 

2015.03.17 (火)

 

 

 鼻は詰まるわ、喉は痛むわ、椎間板ヘルニアは悪化するわで、何だか春の訪れと共に体調が下降気味な気が。今年は特に花粉症がひどいのだが、住んでる家が築20年で24時間換気がついてないからだろうか・・・

 

 

 

 

 

 

2015.03.15 (日)

 

 

 5月の室内楽演奏会の初回練習。前回のBメンの本番以来、3ヵ月ぶりのリハーサル。

 

 この3ヵ月、自分が全然さらってなかったからか、昨日から咽頭炎でテンションが低かったからか、アンサンブルのカンがめちゃめちゃ鈍ってて自分的に超イマイチな出来だった。2楽章、全然指回ってないし。日々練習できる環境に早く移りたいなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

2015.03.14 (土)

 

 

 恐らく7年ぶりに、春のJB-POT講習会に聴衆として出席した。新しいガイドラインに関して聴くことができたりと、得るものはそれなりにあったのだが、朝9時半から夜7時までランチョン含めて40分の講義×12コマ聴くって、いやー疲れる。もうちょっとアミューズメント色が濃いレクチャーを間に挟むとかしてくれないだろうか。

 

 

 

 

 

 

2015.03.13 (金)

 

 

 素行が悪いらしいという前評判だった5歳の男の子が手術室に入室してきたら、意外に大人しくて、結構いい子っぽかったので、「こんにちはー」 と声をかけたら、第一声が絶妙な笑顔で 「おじちゃん(笑)」。

 

 その間といい、その笑い方といい、相手を一瞬にして凍り付かせる絶妙な匙加減。しかも、ほぼ同世代のナースのことはちゃんと 「看護師さん」 と呼ぶというソツのなさ。この子、男友達減りそうだわー

 

 

 

 

 

 

2015.03.12 (木)

 

 

 今週末の練習に備えて火曜日から慌てて楽器をさらい始めてるのだが、口が疲れるとか腹筋が疲れるとかじゃなくて、そもそも左腕が疲れてくるっていう、ファゴット人生初の事態に。さすがに3ヵ月のブランクは空き過ぎだったか・・・

 

 

 

 

 

 

2015.03.11(水)

 

 

 同じ科なのに、チームが違うとここまでスピードが違うものなのかということを実感し続ける一日。まぁ詳しくは述べまいが、こちとら胸が閉まりそうだというタイミングだというのに、まだ吻合(以下自粛)

 

 

 

 

 

 

2015.03.10 (火)

 

 

 当直明けで頭がボケていたところに予想外の質問が不意に来たからか、すっとぼけなければいけないところだったのに真実をペロッと喋ってしまうという、自分的にありえないミスを犯してしまった。あまりにショックというか、大変なことをしてしまった気がして、珍しく直接本人に電話して謝罪。本当にすみません… あ、でも、おめでとうございます!

 

 

 

 

 

 

2015.03.09 (月)

 

 

 家から駅までの途中で、どこからともなく漂ってくる沈丁花の香りが春を感じさせる今日この頃。前の家の近所には沈丁花があまり咲いてなかったので、この香りは何となく新鮮。

 

 

 

 

 

 

2015.03.08 (日)

 

 

 『きっと、星のせいじゃない。』 を観た。12歳で小児がんを患い、現在は酸素ボンベが手放せずに限られた余命を鬱々と生きている主人公のヘイゼルは、いやいや参加した小児がん患者の集会で、骨肉腫で片足を切断したガスに出会う。やや強引にアプローチしてくるガスに次第に惹かれていくヘイゼルだが、二人の未来には病気が落とす陰が待っていた。ヒロインを演じるのは、ポスト・ジェニファー・ローレンスの呼び声高いシェイリーン・ウッドリー。ガスを演じるのは、ウッドリーとは 『ダイバージェント』 で兄妹役を演じているアンセル・エルゴート。

 

 

 「その展開はズルい」 というくらいに泣き所はしっかり押さえてあるがゆえに、涙腺が緩い自分は泣きまくりの2時間なのだが、それでも泣かされたことを後悔するようなあざとさを感じないのは、難病をテーマにした映画にありがちな 「お涙頂戴」 系とは一味違ったユーモア溢れるラブストーリーに仕上げた 『(500)日のサマー』 の脚本家コンビと、主役二人をはじめとしたキャスト達の好演のおかげだ。特に、ヘイゼルの母親を演じるローラ・ダーンの存在が大きく、若い二人の物語以上に、その親たちが何を感じて、何を心に決めて子供と生きようとしてきたかが伝わってくるようで、胸に響いた。小児がんの子供を持った親たちの姿を小児病院勤務時代に見てきたのもあるが、こういう見方をするようになったのは、自分が年を重ねた証拠だろうか。

 

 フレッシュな魅力溢れる若手二人のラブストーリーの中で異色な存在感を発揮しているのが、ヘイゼルが愛読している小説の作者として登場するウィレム・デフォー。演じるキャラクターと本人の顔の強烈さゆえに、なぜゆえここでこんな展開に? と思いながら観ていたのだが、デフォーが意味ありげに二人に説き始めた 「ゼノンのパラドックス」 で本当は何を言いたかったのかが明かされるラストで納得。「今この瞬間を生きて輝く」 という月並みなメッセージが、こういう形で伝えることができるとは。出色のエンディングに、やっぱり涙が止まらないのでした。

 

 

 

 

 

 

2015.03.06 (金)

 

 

 実家のリフォーム計画が進んでいるということで、明日の住宅メーカー担当との打ち合わせに同席するために実家に帰った。

 

 両親の話を聞いていると何となく向こうのペースで話が進んでるようなので、どうやって打ち合わせで上手く口を挟むかとか、どうやって話の方向をコントロールしていこうかなどを考えたり確認するために打ち合わせの一日前に帰ったのだが、打ち合わせ云々よりも、両親の 「三つ子の魂百まで」 的な文句の言い合いと優柔不断っぷりをコントロールするのにエネルギーを費やすことになる深夜の1時。何年経っても夫婦は夫婦だなぁ。

 

 

 

 

 

 

2015.03.05 (木)

 

 

 定時のAAAの裏で、導入前に非観血的血圧が測定できない腸穿孔の並列。導入後にAライン入れたら 「ちょっと高めの肺動脈圧?」 みたいな波形と数値で、久々に燃えざるを得ない一日であった。疲れたわ。

 

 

 

 

 

 

2015.03.04 (水)

 

 

 イアン・マッケランが93歳になったシャーロック・ホームズを演じる 『MR. HOLMES』 の予告編が公開。本編の公開はまだ先だが、現時点でのIMDBの評価がかなり高いので、もしかしたら傑作の予感が。監督は 『ゴッド・アンド・モンスター』 でもマッケランと組んだビル・コンドン。共演は 『愛についてのキンゼイ・レポート』 『フィフス・エステート 世界から狙われた男』 でコンドンと組んだローラ・リニーのほか、真田広之の名前も。

 

 

 

 

 

 

 

2015.03.03 (火)

 

 

 今日みたいな一日を4月から(ほぼ)毎週過ごすことになるかと思うと、いやー、めんどくさい。精神的&肉体的疲労感とストレスを如何に蓄積させていかないか(発散させていくか)が勝負所。それとも、数ヶ月くらい経ったところで精神崩壊しちゃって職場を変えるというのも一つの手か。

 

 

 

 

 

 

2015.03.02 (月)

 

 

 レオナルド・ディカプリオが 『24人のビリー・ミリガン』 の映画化で、24もの多重人格を持った主人公を演じるという話。ディカプリオなら演じられると思うけど、それはちょっとオスカー狙いがミエミエな気が・・・

 

 

 

 

 

 

2015.03.01 (日)

 

 

 両親に付き添って床材やらキッチンやらのショールームに足を運んだら、色々と衝撃の事実が明るみに出て、不安が募る一方に。仮決定したキッチンのシリーズのカタログすら貰ってないって、一体全体どういうことなのか。

 

 

 

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 2014年12月