第68回 (2016年度) 全米監督合賞

 

 

       

 

Damien Chazelle : LA LA LAND / 『ラ・ラ・ランド』

Garth Davis : LION / 『LION/ライオン 25年目のただいま』

Barry Jenkins : MOONLIGHT / 『ムーンライト』

Kenneth Lonergan : MANCHESTER BY THE SEA / 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

Denis Villeneuve : ARRIVAL / 『メッセージ』

 

なんと今年はDGA初ノミネートが5人並ぶという事態に。

確かに、今年のオスカー作品賞ノミネート有力作の監督は比較的キャリアが浅い面々なので、

オスカー監督賞も初ノミニネートの5人になる可能性アリかも。

 

そしてこれでダミエン・チェゼルのオスカー受賞がかなり固くなってきた。受賞したら史上最年少!

 

 

 

 

 

 

 

 

第23回 (2016年度) 全米俳優組合賞

 

 

■ 主演男優賞 ■

 

       

 

Casey Affleck : MANCHESTER BY THE SEA / 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

Andrew Garfield : HACKSAW RIDGE / 『ハクソー・リッジ』

Ryan Gosling : LA LA LAND / 『ラ・ラ・ランド』

Viggo Mortensen : CAPTAIN FANTASTIC / 『はじまりへの旅』

Denzel Washington : FENCES / 『フェンス』

 

前哨戦で強かった 『ラビング 愛という名前のふたり』 のジョエル・エドガートンがノミネートされず、

代わりにヴィゴ・モーテンセンがノミネート。

とりあえずケイシー・アフレック、アンドリュー・ガーフィールド、ライアン・ゴズリングのオスカーノミネートは固そう。

 

マジっすか!? ここに来てデンゼルですか!? ケイシー・アフレックでもライアン・ゴズリングでもなく!?

ここまでブラックアクターが受賞すると、逆に黒人贔屓にすら思えてくるんですけど・・・

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

■ 主演女優賞 ■

 

       

 

Amy Adams : ARRIVAL / 『メッセージ』

Emily Blunt : THE GIRL ON THE TRAIN / 『ガール・オン・ザ・トレイン』

Natalie Portman : JACKIE / 『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』

Emma Stone : LA LA LAND / 『ラ・ラ・ランド』

Meryl Streep : FLORENCE FOSTER JENKINS / 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

 

前哨戦から混戦模様を呈していただけあって、主演女優賞は大波乱。

イザベル・ユペール、アネット・ベニング、ルース・ネッガの名前がなく、エミリー・ブラントがサプライズノミネート。

アネット・ベニングはオスカー受賞もありうるコンテンダーと思っていたので、かなり意外だ。

これでオスカーノミネートが確実なのはエイミー・アダムス、ナタリー・ポートマン、エマ・ストーンの3人のみとなった。

メリル・ストリープは20回目のオスカーノミネートなるか?

 

これで重要三賞がイザベル・ユペール、ナタリー・ポートマン、エマ・ストーンに分かれたことになるが、

ミュージカル部門とは言え、GGとSAGの2つを制したエマ・ストーンが頭一つ抜きんでたか?

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

■ 助演男優賞 ■

 

       

 

Mahershala Ali : MOONLIGHT / 『ムーンライト』

Jeff Bridges : HELL OR HIGH WATER / 『最後の追跡』

Hugh Grant : FLORENCE FOSTER JENKINS / 『マダム・フレーレンス! 夢見るふたり』

Lucas Hedges : MANCHESTER BY THE SEA / 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

Dev Patel : LION / 『LION/ライオン 25年目のただいま』

 

こちらも波乱含みのノミネーション。まずはヒュー・グラントの名前が挙がったのがサプライズ。

そしてルーカス・ヘッジス、デヴ・パテルといった若手にスポットが当たってるのが素晴らしい。

代わりに涙を飲んだのはベン・フォスターとマイケル・シャノン。

 

今年のアカデミー賞で最も受賞が確実なマハーシャラ・アリが、当然のように受賞。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

■ 助演女優賞 ■

 

       

 

Viola Davis : FENCES / 『フェンス』

Naomie Harris : MOONLIGHT / 『ムーンライト』

Nicole Kidman : LION / 『LION/ライオン 25年目のただいま』

Octavia Spencer  : HIDDEN FIGURES / 『ドリーム』

Michelle Williams : MANCHESTER BY THE SEA / 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

 

昨年の 「白過ぎるオスカー」 の余波が最も顕著に現れたのが助演女優賞。

5人中3人が黒人ノミニーとなり、結果的にゴールデングローブ賞と同じ顔ぶれに。

ニコール・キッドマンとオクタヴィア・スペンサーがオスカーノミネート当落線上、

グレタ・ガーウィグとリリー・グラッドストーンが二番手といったところか。

 

ここも順当にヴァイオラ・デイヴィス。今年の助演2部門は黒人2人でほぼ決まり。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

■ アンサンブル演技賞 ■

 

 

       

 

CAPTAIN FANTASTIC / 『はじまりへの旅』

FENCES / 『フェンス』

HIDDEN FIGURES / 『ドリーム』

MANCHESTER BY THE SEA / 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

MOONLIGHT / 『ムーンライト』

 

なんと、今年の作品賞有力な 『ラ・ラ・ランド』 の名前がない!

SAG22回の歴史の中でアンサンブル部門にノミネートされずにアカデミー賞作品賞を受賞した作品は、

これまで 『ブレイブハート』 の1作品しかないのだが・・・

 

そしてなんと、同じ黒人映画でも 『ムーンライト』 ではなく 『HIDDEN FIGURES』 が受賞!

まぁ、最近はSAGのアンサンブル演技賞とオスカー作品賞の直結度は決して高くないのだが、これで 『ムーンライト』 は不利になった?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年度 全米製作者組合賞

 

 

■ 作品賞 ■

 

       

 

       

 

ARRIVAL / 『メッセージ』

DEADPOOL / 『デッドプール』

FENCES / 『フェンス』

HACKSAW RIDGE / 『ハクソー・リッジ』

HELL OR HIGH WATER / 『最後の追跡』

HIDDEN FIGURES / 『ドリーム』

LA LA LAND / 『ラ・ラ・ランド』

LION / 『LION/ライオン 25年目のただいま』

MANCHESTER BY THE SEA / 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

MOONLIGHT / 『ムーンライト』

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

■ アニメ映画賞 ■

 

       

 

FINDING DORY / 『ファインディング・ドリー』

KUBO AND THE TWO STRINGS / 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』

MOANA / 『モアナと伝説の海』

THE SECRET LIFE OF PETS / 『ペット』

ZOOTOPIA / 『ズートピア』

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

■ ドキュメンタリー映画賞 ■

 

       

 

DANCER /

THE EAGLE HUNTRESS /

LIFE, ANIMATED / 『ぼくと魔法の言葉たち』

O.J.: Made in America /

TOWER /

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年度 全米脚本家組合賞

 

 

脚本賞

Taylor Sheridan : HELL OR HIGH WATER / 『最後の追跡』

Damien Chazelle : LA LA LAND / 『ラ・ラ・ランド』

Jeff Nichols : LOVING / 『ラビング 愛という名前のふたり』

Kenneth Lonergan : MANCHESTER BY THE SEA / 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

Barry Jenkins : MOONLIGHT / 『ムーンライト』

脚色賞

Eric Heissere : ARRIVAL / 『メッセージ』

Rhett Reese & Paul Wernick : DEADPOOL / 『デッドプール』

August Wilson : FENCES / 『フェンス』

Allison Schroeder & Theodore Melfi : HIDDEN FIGURES / 『ドリーム』

Tom Ford : NOCTURNAL ANIMALS / 『ノクターナル・アニマルズ』