奥さまは魔女 BEWITCHED


directed by Nora Ephron

cast :  Nicole Kidman  Will Ferrell
Michael Caine  Shirley MacLaine
Jason Schwartzman  Kristin Chenoweth
Heather Burns  Carole Shelley
Steve Carell  Kaite Finneran
James Lipton  Jim Turner
('05 08 20)


 あの有名テレビシリーズ、『奥さまは魔女』 のリメイクで起死回生を狙う、落ち目の映画俳優ジャック(ウィル・フェレル)。相手のサマンサ役には無名の新人女優を、と希望した彼が街で出会ったイザベル(ニコール・キッドマン)は、あの 「鼻クチュクチュ」 が完璧に出来て、まさにサマンサ役にうってつけ! しかし、イザベルは 「魔法を使わないで普通の生活がしたい!」 と人間界で暮らし始めた、本当の魔女だった・・・

 ということで、実はテレビの 『奥さまは魔女』 とは全然違う話の、映画版 『奥さまは魔女』。 監督がノラ・エフロン(『めぐり逢えたら・・・』)なので手堅いラブコメになってるんだろうと思ったら、まさにその通りだった。二人がくっつくなんて最初からわかってるんだから、それまでの過程が楽しかったり、共感できればいいのがラブコメ。しかも今回の主役は魔女である。ラブコメっていうか、ラブ・ファンタジーだね。細かいこと気にしちゃいけないのよ。冒頭、イザベルがマイホームを買う時に魔法使いまくるのを観て楽しめたら、しばらくはチャーミングな魔法の世界に浸ってられます。そうすれば、最後の10分の展開が強引で物足りなくても許せるというもの(とは言っても、今回の場合はハショり過ぎの感が否めないけど)。それに、ラブコメで一番大事な要素のキャスティングもバッチリだ。

 どんな役にもなりきって、オスカーを受賞した後も多彩な役柄やジャンルに挑戦してきたニコール・キッドマン。彼女が典型的ラブコメをやったことがなかったのがちょっと意外だったが、やっぱり彼女が演じると似合っちゃうんだね。キッドマン、恐らく撮影時は37歳だったと思われますが、「人間界で暮らし始めたばかりだから世間のことがよく分からないの」 みたいなブリっ子演技しちゃっても、キュートなんだよなー。魔法を使ってジャックを懲らしめてみたり、普通に恋に悩んでみたり、魔女の格好してみたり、何やっても変わらずキュート。このまま行けばメグ・ライアンの正しい後継者になれそうだけど、キッドマンならメグみたいに下降線はたどらないだろうね。この後も続々出演作が続くみたいだし、ひょっとしたら20年後には 『恋愛適齢期』 のダイアン・キートンみたいになれるかもしれない。もう、コワイものなし女優で突き進んでください。

 シャーリー・マクレーンの大袈裟なパフォーマンスは、面白いんだけど映画的には余計な味付けだったと思う。どうせならマイケル・ケイン(イザベルの父親役)と絡むラストも観てみたかった。でも、ケインは最高。相変わらずお茶目だなー。ウィル・フェレルは初めて観たけど、アメリカで大人気だけあって、体で笑わせる芸には勢いがあります。フェレルの体当たりコメディ演技と、キッドマンのかわいさの相性も意外に良くて、いやー、やっぱり観て損はないと思うなー。たまには、こういう楽しいラブコメもいいよね。





back